YouTube サーフィン

胸を張って楽しみ尽くす。自分の成長のために。

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成28年2月29日の月曜日です。
先日から、自分の状態が変わるとき、体質や健康状態を今よりいいステージに変えて、すごく気持ちいい状態で日々生活する。
1日24時間充実した時間を過ごしていくということの足かせになっているのが、今まで生活してきた中での後悔だったり、誰かに悪いなという罪悪感だったりするというお話をさせていただきました。
その中で、そのことに関しての勘違いということの一つ目をお話させていただきました。
ひとつは、自分自身が他の人を差し置いて健康になって楽しくいい時間を過ごしていいんだろうか、というような勘違いというお話をさせていただきました。
やはり相手の人にとっても、自分自身が現実的には健康になれば、すごい体調が悪い状態ではなくて健康であれば、実は相手の人にとってもすごく嬉しいことでありすごくいい影響を受けるので、本当に相手が望むことっていうのは、自分自身が健康的で幸せな時間を過ごすということが、本当の意味で相手が望むことだと。
一時的には「何であの人ばっかり」という妬みも少しあるのかもしれないですけれども、結局自分自身が元気になっていい状態で、辛い状況にある迷惑をかけてしまった人にも、結局はいい影響を伝えることができれば、やはり向こうの人も納得していただけるだろうし、本当に向こうの人が望むことだったんだなということが、あとあとわかるんじゃないかなと思います。
僕自身も、日々大変な状況にある方だったり、体の調子が悪い方と相対させていただいて、そんな中で、休むの日に自分自身が海行ってサーフィンしてという楽しそうな様子というのをインターネット上であげるというのは、今も少し思う部分ありますけれども、昔の自分自身であったら引け目を、ちょっとまずいんじゃないかなということを思うことはありました。
だけども、やはり自分が正しいと思ってることというのは、正々堂々とやるべきだし、別に辛い人と相対してるからといって、自分自身も先ほども言いましたように辛い状況にある必要はないわけで、逆に自分自身が元気になって毎日診察室で笑顔を振りまいて元気な状況でお話することができれば、辛い状況の方も楽な状況になるんだと思いますし、そういった意味で休みの日に時間を作って、片道2時間以上かけて海に行っているという状況があります。
結局、休みの日に海へ行って、体を作っていい状態にしてるというのは僕自身のプロ意識ですし、そういった体がいい状態というのは気持ちいい状態ですよと示していくのも、自分自身の役割だと思ってるので、そこで引け目を感じずにちゃんと自分は、こんな気持ちいいことをしてますよ、こんな楽しいことをしてますよということをアピールしていく。
そういった気持ちいい状態、楽しい状態、健康的な状態に自分自身がいるし努力してなってるということをちゃんと打ち出していって、それでこういったライフスタイルを提案していくということが、自分の役割なのかなと思って日々やらせていただいてます。
今回は、自分の状態が変わるときに足かせとなっているのは、自分自身の罪悪感だったり後悔の念、それに対しての勘違いの一つ目というのをお話させていただきました。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 新宿

-YouTube, サーフィン
-, ,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.