YouTube

自分の商品、サービスに自信があれば、開放的になれる。

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成29年5月27日の土曜日です。
僕自身は体の声を聞き続ける、そうすれば健康への道が開けるっていうメッセージを、みなさんに伝えていくために、いろんなことをしていきたいなと思ってはいるんですが、基本的に一番の目標がそこであるので、価値としては、それに対していいものはいい、それ以上のものは、例えば何が義理があるから、あんまりいいものじゃないけど使わないとか、何かそういう縛り、しがらみっていうのを、なるべくというか捨てていきたい姿勢ではいるんですけれども、逆に自分が一番得意とする商品を売り込みに来て、例えばそれが僕自身がいいなと思って使っていて、やっぱりそれだけを信じて思い込んでやるわけじゃないので、もしかしたらもっといいものがあるかもしれないということで、他のものも試したりとかするんですが、そういった他の商品を試したり、他の商品の話を聞いたりするときに、一番ボロが出るのが自信がない商品を売り込んできてるときというのは、やっぱり僕自身が他のそういった業者の人とか他の人の話を聞くと、やっぱり心の中で嫉妬するというか、あまり利益を起こさないっていう気持ちが見える。
逆を言えば、その商品に対してすごい自信をもっていれば、どんな商品がきたってうちの商品が一番ですよっていうふうな気持ちがあるので、試すなら逆に試してみてくださいっていう感じになると思うので、ひとつの押し出してる商品やサービスの、どれだけ自信があるのかっていう指標にもなるのかな。自信がないサービスや商品を売ってる人ほど、閉鎖的な態度になってくるし、本当に自信がある人であればあるほど、どんとこいみたいな感じで逆に他の商品試してみてください、みたいな開放的な感じ。そうすると、うちの商品の良さがさらにわかりますよ、みたいな。
本当に自信がある場合は、どんどん自分の売る人の気持ちが閉鎖的ではなく開放的になっていくというふうに僕自身は思っているので、あまり商品の価値ということが自分自身が専門家でなくてわからない場合、逆にそういういろんなものを実際素人の目から試してみて、そういう姿勢をその人に見せていくことで、すごく嫌な顔するとか閉鎖的な感じが表に出ちゃう人というのは、自信がないのかなというふうな試金石には僕自身はしています。
今回は、自分自身の商品やサービスが自信があるものであれば、閉鎖的なマインドから解放されていくんじゃないかなというふうに僕自身は思っているので、その件に関してシェアさせていただきました。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛、めまい、耳鳴り、町田、海老名、相模大野、厚木、相模原

-YouTube
-,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.