YouTube 依存の外し方 感情の大切さ 感覚の大切さ

本来の自分自身を指し示してくれる道標

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成27年12月22日の火曜日です。
先日から、依存状態の脱却方法というのをお話させていただいて、基本的には将来なりたい自分を想像して、それに向かっていろんなことをしていく。
ただ、その足枷となっていくのが、日々いろんなことを抑圧してる自分自身がいて、その抑圧してるものが自分自身の心が執着してしまってるので、目線が近視眼的になってしまって目先のことしか見えなくなってしまって、将来のことをイメージしようとしても、将来のことが全然イメージとして湧かないということがありますので、そういった足枷をひとつずつ外していく。
そのためには、自分を抑圧しているものを外していく。自分自身がどうありたいのか、本当に自分自身がいきたい方向性、本来の自分を見直していくということをお話しさせていただきました。
本来の自分自身、本当にいきたい自分自身ってなんなのか、その道しるべになっているものというのは、なんなのかということを先日からお話しさせていただいてますけれども、僕自身がいつも開業当初からお話しさせていただいてるものは、正しいものというのは全て自分自身の中にあるのかなというのは感じます。
それは社会との関わり、自然との関わり、周りの人たちとの関わりの中で、自分自身を見つけていくということ、本当に確かな道しるべというのは自分自身のいきたい方向性を指し示してもらえるのは、自分自身の感情じゃないかなと思います。
今社会の中で歯車として生きていく中で、街を歩いててもそうですけれども、顔が能面のように無表情になってしまって、何の感情もなくて自分自身を押し殺して生きてる方というのは、ほとんど多くの方がそうだと思うんですけれども、僕自身もそうですし、そういった自分の感情に忠実に生きてると、いろんな面倒くさいことが多いので、ある程度押さえつけて我慢していろいろやってますけれども、ただそういった感情が出るときというのは、自分が本来いきたい方向性を感情がある程度示してくれているので、そういった感情が出たときというのはチャンスじゃないかなと思います。
そういった感情を爆発させていくというか、なんでそういうふうな感情が自分自身に出たのかなというのを見つめてあげるというか、押さえつけるのではなくて冷静に見つめてあげて、なんで自分自身はそういう感情が出たのかな、今その人と話しててなんでイライラしちゃったのかな、その人と話しててなぜすごい共感しちゃったのかな、なぜ泣けちゃったのかなというのを、ちょっと冷静に判断していくと、自分自身の感情というのは、自分自身が本来進みたい方向性を少しずつ指し示してくれているので、その感情を見つめて、自分は本当はこういう方向性にいきたいんだということを、ゆっくりゆっくり見つめていく習慣をつけていくということが、とても重要だと思います。
それは、普段から言ってる体の声を聞き続けるともリンクすることになってくるんですが、体の感覚と同様に、都会で住んでると体の感覚もズレてきちゃってることがありますから、重要なことは聞き続けるということが重要ですよということをお話しさせていただいております。
まず今まで押さえつけてた感情を見つけるときに、感情が出る方向性というのは、今まで押さえつけてたので、本当の方向性じゃない方向性を狂ったように向いてしまってるということもあるんですが、少しずつ抑えていた感情を出していくことで、本来自分自身の感情がもちたい方向性というのは見えてきますので、最初見えていた自分の感情の方向性が、全て本来の自分がいきたい方向性というわけではないですから、ここでも同じように感情と向き合い続けるということが需要で、そうすることを何年もしていくうちに、自分自身のいきたい方向性がわかる。
その発展途上の中で、道筋の中で非常に重要なのは、今まで嫌な自分というのがあったとしても、それを本当の意味で認めてあげるということが、ひとつのステップアップの場になっていくのかなと思います。
自分自身が今まで認められない過去だとか、自分自身が認められない感情、自分自身が認められない自分自身というのがあって、それを押さえつけてるがゆえに、本来の自分自身を取り戻すことができなかったわけであって、やはり自分が本当に嫌いな自分というのを向き合うことで少しずつ認めてあげる。
自分自身が認めてあげるということができた瞬間に、自分中心のセルフイメージというか、本来の自分というのがこんなすごいものだったんだというのがわかるようになってきて、それが最終的には依存から脱却して本来の輝く自分自身を生きる方向性に繋がっていくのかなと思います。
なかなか自分が認めたくない自分を認めていくというのは大変なことなんですけれども、どのようにしてそういった自分を認めていけばいいのかっていうのは、少しずつ向き合っていく中で考えていければいいのかなと思いますし、状況が変わってくればそういった自分自身というのも、とても素晴らしいものだと思えるようになってきますので、深い意味でいろんな階層で自分自身を見てあげて素晴らしいと思うということ。
今里山資本主義といって、地方の生き方というのが見直されてきてますけれども、高度成長期はみんな都会に行って就職などを行なって、都会へ行って働いてお金を儲けて、地元のお母さんお父さんに仕送りして、都会で一発成功して帰っていくみたいな青写真があって、田舎で遅れた考え方や都会的な考え方じゃないのは、全然ダメで田舎者は恥ずかしいみたいなことがあったんですが、今振り返ってみると、田舎暮らしの良さというのは、今の時代になって非常に見直されてきて、過去においてとても恥ずかしいと若者が言ってたのが、とても誇り高いものだということで、価値があるものだということで見直されて、とても地方で生きることのセルフイメージが上がってきます。
いろんな見方があるんですけれども、やはり自分自身を認められない自分自身がいたとしても、それを認められる自分自身になっていくということが、自分のセルフイメージをあげて本来の自分自身を生きていく。本当の意味での自分の感情を見出していくということに繋がっていきますので、それは依存からの脱却になっていきます。
認められない自分自身がいるということと、そういった自分自身に対してちょっとでも自分を認めてあげていくということがセルフイメージをあげていく、そうすることで本来の自分の感情が感じるようになってきて、本来の自分のいきたい方向性、本来の自分自身のライフスタイルに繋がっていく。そうすることで依存からの脱却というのが、少しずつ外していけるのではないかと思っています。
じゃあ、その認められない自分自身をどのように気づくのか、あるいはそういったものをどうやって認めてあげるのかというようなチャンスがどういうときに起きてくるのかというのを、また明日お話しさせていただければなと思います。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 相模大野 新宿

-YouTube, 依存の外し方, 感情の大切さ, 感覚の大切さ
-

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.