YouTube 高濃度ビタミンC点滴

現状を打開する唯一の思考方法

更新日:

こんにちは。相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成28年8月1日の月曜日です。
以前のビデオの中で、まず今の現状で何かを手にいれるとか、何か新しいものを自分に得てから次のステージに行くということを考えるのではなくて、誰かこういういいコーチがいたらなとか、いい相談役がいたらなとか、いい結婚相手がいたらなとか、あるいはお金があったら、これがあったら、もっと若かったからとか、何か自分にないものを得てから次のステージへ行こうと考えずに、何も得ずに今ある状況でできることが必ずあるので、それを5つあげて、ひとつずつ実行していきましょうということが、何かもし行き詰まってるのであれば、打開していく大きな方法だと思います。
どんなに切羽詰まって追い込まれる状況でも、できることは必ずあるので、そのこと愚直にやっていくということは奇跡を呼びますし、打開していくということになっていくと思うんですけど。よく患者さんで、癌とかそういう重い病気を診断されたときに、治療してできることというのは、もちろん三大治療、一般的な手術とか、放射線治療、化学療法、そこら辺ももちろん実はそうなんですけど、ただそれで、やっぱり状況が厳しいときに、医者の側もかなり厳しい話をされます。そこで、多くの人はもうダメかなと思ってしまうんですが、よく考えてみると体をよくしていこうとする行為というのは、三大治療がダメでもいくらでもあるわけで、もし時間的余裕があるのであれば、やはりできる限り最後までご自身ができる体にとっていいことというのをやっていくことが、試行錯誤してやっていくということは打開していくために、奇跡を呼ぶためにすごく大事なんじゃないかなと思います。
それは、そんなに難しいことじゃなくて、食生活で体にとっていいものを食べるとか、周りの人にニコニコ挨拶しようとするとか、自分が生きてることっていうのをありがたみを実感しようとか、体に負担がないようなライフスタイル、夜はよく寝て、無駄のないようなこと、体にとってすごい楽になるようなことをしていこうとか、もちろんそういった三大治療以外でも当院でいえば、ビタミン点滴とかサプリメントとか色々ありますけども、できることはたくさんあるので、そこら辺のことをしっかりやっていくということは、突破していく上で奇跡を呼ぶ上ですごく重要じゃないかなと思います。
で、すごく弱くなってるときに注意しなきゃいけないのは、費用対効果の面だと思いますしバランスだと思いますので、弱い立場にいる人に対して、あまり効果が大してないのに高額な健康器具とか、色々売りつける方もいるので、そこら辺の注意ということも必要なのかなというのはあります。
もうひとつは、そういった別のビタミン点滴とか、他の治療を選ぶときに重要なのは、費用の面と副作用がないかどうかっていうこと、副作用が強くないかどうかっていうのは、しっかり判断して色んな人の意見を聞いて、最終的にはご自身の直感でやりたいということを思ったらやっていくということでいいんだと思うんですけども、そういった方に対して、何かつけこむような、売りつける人もいるということは意識しなきゃいけないと思います。
体にとっていいことはたくさんあるという話をさせていただいて、それをしっかり愚直に行っていくことが奇跡を呼びますし、打開していくというお話をさせていただきました。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 新宿

-YouTube, 高濃度ビタミンC点滴
-, ,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.