YouTube お金の考え方 こだわることの大切さ サーフィン

本気のプロは、道具にお金の糸目をつけない

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。
今日は平成28年11月20日の日曜日です。
僕自身はそのサーフィンというのを楽しいからしてる、趣味でしてるという部分はあるのですが、診察室のパフォーマンスを上げるために意識してしているというところもあります。こういうコンクリートの中でいて患者さんとお話させていただく中で、仕事はそれなりに座っていると診療終わってからもすごくいっぱいあるのですが、やっぱりある程度それを断ち切って、海なり山なり行って自分自身を解放するというか、自然なリズムに戻してあげるということをしないと、結構煮詰まってしまって、やっぱりそういった健康な状態で自然のリズムに近いような状態を患者さんにお伝えしていきたいのに、自分自身がすごく不健康な状態になってしまうと、自分としては仕事をやっている意味がないので、やっぱり自分が自然のリズムを思い出すとか健康状態になっていくためのメンテナンスとしてすごく大事に思ってます。
ただ、やっぱり僕自身もいろいろ勉強したいこともあるし、勉強しようとすると休みの日になってしまうので、どっちを取るかということになっていくんですが、そんな中で道具というのは結構大事だなというのを今日感じましたのでお話させていただきたいんですが。
今まで僕はあんまり運転とか得意じゃなかったので車持ってなかったですし、そんなに運転する機会もあまりなかったですが、サーフィン行くようになってレンタカー結構借りるようになってしまったので、であればちょっと買ってしまったほうがコスト的にも、コストパフォーマンスも安いかなということで今回車を購入して、ハイエースという車なんですが、初めて今日九十九里浜にハイエースで行って。それが昨日診察が終わってから夜そのまま片貝海岸のほうに行きました。で、そちらでハイエースの中で一泊して、日の出の前に海に入って、それから8時頃上がって、そこから東京の勉強会が10時からあったんで10時から勉強会に出て勉強した。今までであればサーフィン朝から行くと、結局帰るのが4時頃になって、一日つぶれてしまうというような状況だったんですが、前日から泊まっているとサーフィンもできて、勉強会も行けてということで、すごく休日が二日あるような得した気分になって、やっぱり道具って大事だなというのをすごく実感しました。
で、小さい頃、連続テレビ小説のNHKで大工のドラマがあったんですけど、うららとかという大工のドラマがあって、そこで女性の大工の方がいろいろ成長していくことを描かれたものだったんですが、そこで先輩の大工さんがそんなお金なかったんですけど、先輩の大工さんは給料のほとんどを自分が使う大工道具を買うことに費やしてると。で、やっぱり本気で仕事する人というのは、やっぱり自分の道具というのをすごくこだわって、そこに投資をしていくということがあって。やっぱり道具がしっかりしていると、それで仕事のパフォーマンスが上がるので、道具にこだわりをもって仕事を行っていくということは大切で、そこをけちけちしていると結局仕事のパフォーマンスが上がらなくて自分のしたいことができないので、やはり自分がこだわりをもってやっているとこには、しっかりちゃんと投資をしていって、それに対してパフォーマンスを上げていくということが大事かなと思って今日はお話させていただきました。
今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 相模大野 新宿

-YouTube, お金の考え方, こだわることの大切さ, サーフィン
-, ,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.