YouTube 健康獲得 問題への取り組み方

体質は〇〇が決める。体質を変えたければ〇〇を変えればいい。

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。
今日は平成27年11月12日の木曜日です。
当院では絶えず健康獲得のために体の声を聴き続けましょう、ということをお話しさせていただいております。その結果として得られることが体質を変えるってことなんですけども、別の角度から考えていくと、体質っていうのは皆さんご自身の体の状態なんですけど、何がそれを決定していると考えられてますか?
僕自身は今まで24時間365日何十年と生きてこられた習慣、食生活から仕事の習慣、心の習慣、行動の習慣、ご自身のされてきた習慣の積み重ねが今の状態を作っていると考えております。
一時的な事故があったとかいろんな環境の変化っていうのは一時的なものに過ぎないわけで、今の状態の体質というか体の状態ということに関して言えば、習慣の積み重ねが今の状態を決定していると僕自身は考えております。
ということでありましたら、また別の角度から、あと5年後の体の状態、体の質を健康な状態に変えたかったら、気持ちいい状態に変えたい場合、どのようにしたらいいかと言うと、それはそういう風な考え方でいけば、明らかに習慣を変えればいいということになってきます。
習慣を変えればいいということを意識しているか意識していないかというのは、診察室で質問させていただいて、伝わっているか伝わっていないかというのはよくわかります。
それはどういうことでわかるかと言うと、例えば当院で習慣を変えるために最初のステップというのは、コツはベイビーステップというか、本当に少しのことから今までのパターンの習慣を変えていくということをさせていただいています。
明日から急に朝10km走ろうと言われると、1日2日はできたとしても、ずーっと365日続くというのは難しいわけですから、習慣づけしていくコツとしましては、最初パターンを変えていくのに本当にちょっとしたことを始めてみる。そのためには2分でも3分でも、4分でも5分でも、力を抜くっていう、体を感じるっていう時間を取ってくださいっていうふうにお伝えさせていただいています。意識して力を抜くっていう運動をする習慣をつけるっていうこと。
そのなかで、最初お話しさせていただいて、例えば2週間後に来られた患者さんに、「意識して力を抜くっていうことを意識していただけましたか?」ってお話しすると「えぇ、しましたよ」とおっしゃっていただけます。あぁよかったな、と思うんですけども、次の言葉が「気が付いたときに」という言葉が出てきます。
「気が付いたときに」というのは基本的には習慣化の言葉ではありません。段々段々時間が経ってくると、症状が減ってご自身の問題意識、モチベーションが無くなってくると、「気が付いたときに」というのは忘れてしまいますので、「気が付いたときに」という言葉が出てきたときは、習慣ができてきてないんだな、というのを思い出してください。
習慣化っていうのはどういう言葉が出てくるかというと、ある程度1日のうちで時間帯を決めてということです。時間帯を決めて、あるいは時間を決めて、する。
歯みがきというのは例えば1日のなかで朝起きたときにする、っていう時間を決めて皆さんされているはずです。また夜寝る前だとか、晩ご飯食べたあとにするっていう時間帯を決めているはずです。
なので習慣のものっていうのは時間帯がある程度決まっていますので、ご自身が今やろうとしていることを新しい習慣にしようとされたときに、習慣化してるかしてないかということを見直すときに、1日のスケジュールの中で時間帯が決まっているかどうかというのを見直していただけたらなと思います。
今日は習慣化できてるなかで、ご自身で質問されたときに「気が付いたときに」という言葉が出ると習慣化できてませんよ、というお話をさせていただきました。
今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 新宿

-YouTube, 健康獲得, 問題への取り組み方
-,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.