YouTube

脳腫瘍を疑う症状。

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成28年2月23日の火曜日です。
脳腫瘍というお話をさせていただいてますけれども、脳腫瘍は病気としては嫌な病気ですけれども、そもそもどういう症状がきっかけで病院に足を運ぶことが多いのでしょうか。
盲腸であったら虫垂炎になったらお腹が痛くなる、というきっかけがあると思いますし、肺がんであれば咳がどんどん出るというきっかけ、何らかの病気であれば出やすい症状というのはあるわけなんですけれども、やはり脳腫瘍の場合は、頭痛ということになってきます。それも、ある程度特徴のある頭痛です。
脳腫瘍というのは、今日脳腫瘍ができて明日消えて、また明後日大きくなって、また明々後日は消えてて、というふうに出たり出なかったりするものではありませんので、ある程度安定して脳に留まっていますから、そうしたときに症状としては規則正しく一定というのは、ひとつのパターンになってきます。
特に頭痛としては、どのようなものが脳腫瘍として疑わしい頭痛になってくるかというと、毎日朝起きたときから午前中起こる頭痛というのが、それが毎日安定して続くようなときは、脳腫瘍が疑わしい最初のステップになってきます。
なぜ朝頭痛が起きるのかということなんですが、それに関してはまた明日お話させていただきます。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 相模大野 新宿

-YouTube
-,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.