YouTube

どんな悪人でも自分の行動は、正しいとおもっている。

更新日:

こんにちは。相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成28年6月3日の金曜日です。
最近ひとつの人間の法則というのを知ることができたんですけれども、まず人間自身というのは、自分の行動を何らかの意味づけで正当化しないと、それを続けていくということができないんじゃないかなということがあります。
テレビとかで色んな悪いことをしたりとか、政治家の方で話の方向性が違う人というのは、自分から見るとすごく悪い人のように見えることはあるんですが、その人にとってみれば、自分自身は正しいことをしてるということの上でやってたりしますし、もちろん医療業界に置いても、医者は医療現場に置いては強い立場にあるので、色々責められる場面もあったりはしますけれども、医者自身は日々大変な勤務環境で自分自身は正しいことをしてるという自負を持ってやってるんだと思うんですが、そういったことを見る中で、人間というのはひとつ何か行動を続けていく上で、自分自身がそれは正しいことをしていることを、自分で思えないと継続することはできないというふうなことを最近聞きました。
今、人生の中で自分がやっている行動を正当化しようとして、バックアップしているものが信念であり、その正しいという気持ちが強ければ強いほど強い信念というふうになってくるのかなと思います。
信念、それが正しいものだというのは、条件が変わればそれは正しいということではなくなってくるので、信念自体が心理ではないということをまず自分自身が心にとめて生きていくということは大事かなと思います。
そういった謙虚な気持ちを持って日々生活していきたいと思います。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 相模大野 新宿

-YouTube
-

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.