YouTube

月営業日を20日以下にする勇気

更新日:

おはようございます、相武台の脳神経外科の加藤貴弘です。
今日は平成28年11月2日の水曜日です。
今日は夜明け前の青島海岸からお伝えしてます。昨日から宮崎にこさせていただいているんですけども、今回は3連休とらせていただいて宮崎にきています。今回羽田空港まで初めて車で行ったんですけども、ちょっと時間間隔が分からなくて、途中朝の雨降ってて、朝事故渋滞もあって、羽田まで予想以上に時間がかかってしまって、思った飛行機に乗り遅れる事態になってしまいました。ただすごく運が良かったのは、航空会社の方がチケットをスライドさせていただいて、追加料金払わずにそのまま宮崎にこれたということで、とても運が良かったです。いろいろいつもと違うことをするとリズムが違うのでいろんなアクシデントにいろいろ見舞われて挫けそうになることもあるんですけども、そういうことを気にせずに楽しみながら、本当にいつものリズムと違うことをするということはとても大事だなというのを毎回思います。
今回、今年28年の最初に目標にさせていただいたんですけども、月の診療日数とか営業日を20日弱にして、月に1回は4連休もしくは3連休、5連休をとるっていうふうな目標をさせていただきました。今回まで今年もあと2カ月でなんですけども、毎月こうやってなんらかの連休をとらせていただいて旅行に来てるんですが。今回の3連休にしても、来る前はやはり夜遅くまで書類整理を済ませて、朝早く起きて来るという、リズムを断ち切るために結構努力はしてるんですけど、もし3連休とらなければ、3連休とったとしても宮崎に来なければ、相模原でだらだらと書類整理を、なんだかんだ仕事があってずっとやってるという同じようなリズムでやってるという形になってしまうのですけれども。やっぱり一回断ち切って、日常のリズムを断ち切って旅に出るというのは、今の僕にとってすごく大事なというのを痛感してます。
というのも、日常業務に追われてしまうと、本当に自分のしたいこととか自分が何をやっているのかというのを忘れてしまって、本当に反応的に生きてしまって、何か起こったらそれに対して対応する、環境の奴隷みたいになってしまうのですが、一回断ち切って自分の時間を作って、自分の方向性をもう一回確認するという時間を作るということは、もちろんクリニックの売り上げ的には落ちるかもしれないですけども、しっかり方向性を舵取りして未来に向けて成長していくために、勇気を持ってとっていく必要があるのかなと思って。こういうことは一応来年も続けていきたいなと毎回思います。
今日はちょっと無理して、時間をとって、いつも休みをとって旅行している。その中でちょっとトラブルがあったけれど、挫けそうになったけども、そういうことも挫けずに自分の時間を作るということの大切さということをお伝えさせていただきました。
今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 相模大野 新宿

-YouTube
-,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.