YouTube サーフィン

勇気をもって観れば、世界観を変えられる映画

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成29年3月1日の水曜日です。
今日は1日で映画がすごく安い日だったんですけれども、知り合いからすごく勧められていた『沈黙』という映画を見に行きました。
見て楽しい映画じゃないんですけれども、見終わったあとはいろいろ考えさせられて、拷問のシーンとかあって気持ち的に重い感じになっちゃうことはなっちゃうんですが、とても勉強になる映画でした。
遠藤周作さんの『沈黙』という小説を、中学生ぐらいで読んだときに思ってて、それから大人になるにつれて、あのときの『沈黙』という小説は、こういうふうな意味だったんじゃないかなと僕自身思ってたんですけれども、それと大きな印象は変わらなかったんですが、僕の中での根本的な持論というか思いとして、世の中に物理法則なり何なり法則性があって、その法則性のもとでうまくやってれば気持ちいいというふうに感じる。何らかの法則に葛藤があったり逆らったりうまくいってないと、すごくきつい状態になる。
サーフィンをしてても、波の法則にうまく乗ってればすごく気持ちいい、自然の力を最大限に受けられてスピードが出て気持ちいいなというふうに感じるんですけれども、波の法則に逆らって動いたりすると、すごい痛い思いをしたり命に関わったりするわけなんですが、そういったところで僕が思ってるひとつの持論としては、何か嫌なこととか辛いことがあるということは、もしかしたら自分自身が間違ってるかもしれないというふうに思うようにしよう、というふうにしています。
例えば今回の『沈黙』という映画に関しても、江戸時代にキリスト教を布教しようとして、うまくいかなくて拷問させられたり、いろんな人が死刑というか、国の法律に従ってないわけですから法律に従って殺されたりして、信じてる人たちはすごく悲劇的な状況が起こってるわけですけれども、そこで僕自身でいえば何か間違ってるかもしれないというふうに、小説を中学校の頃に読んだときは思ってなかったんですけれども、そのあと大人になってから小説のことを思い出すときに感じてて。
『沈黙』というのは、ずっと辛い思いをしたときに、神様が何で助けてくれないんだろうかとか、何で何も言ってくれないんだろうかとか、そういう思考自体が、例えば信じるということからズレてるということを教えてくれてるんじゃないかなと、この映画を見てて思いました。
重要なのは、信じるということと思い込むということは、すごく分けて考えなきゃいけないですし、この映画を見ててヨーロッパの人たちが日本で布教しようとしたキリスト教ですが、日本でキリスト教を信じていた人たちも何万人かいたようですけれども、本当の意味でキリスト教を信じてたという人は、映画を見る限りでは少ないんじゃないかなというふうに感じました。
貧困に喘いでいて現実社会がきつくて、そして逃れるように宗教にすがっていて、死んだら次の来世では幸せな生活が送れるかなというふうな形で、奴隷思考にすがるような信じ方をしていた人が多いのかもしれません、というふうに映画では描かれてたように僕は見受けました。
あと、宣教師たちもいろいろ葛藤があるんですが、葛藤の中で信じるということと思い込むということを突きつけられてるようにも感じて、例えばキリストの絵を踏むときに、僕自身は本当に信じている方というのは、例えばキリストの絵というのは踏めると思うんです。お役所の人から、唾を吐けとか言われたときに唾を吐けると思うんですけど、それはどうしてかというと、その人が信じてるものは絵を信じてるわけじゃなくて、キリストの魂的なところを感じて信じているので、絵は別に信じてないわけですから普通に踏める。逆に、絵しか信じられてない人というのは踏めない。逆をいえば踏み絵というのは、本当に信じている人と信じてない人を分ける、すごくいい作業になってたんじゃないかなと感じました。
この映画であったように、神様の先の大いなるものに対して、もっと先のものを信じていくというか感じていくというか。なので、ついつい目先のものに思い込んでしまう、すがってしまうというところがあって、それが僕自身は宗教というのは信じるということが思い込みになった瞬間に、すごくいろんなものに対して凶器になってしまう。他人に対しても凶器になるし、自分自身に対しても凶器になってしまうので、そこのところは特に注意しなきゃいけないと思いますし、この映画が日本人から発せられたものではなくて、アメリカ人のキリスト教徒の方が作った映画で、江戸時代に虐げられた人たちに対して批判的な映画を作ったということは、今の時代ですごく意味のあることなんじゃないのかなと思いました。
見ててそんなに楽しい映画じゃないんですが、1回どこかの段階で見た方がいいし、僕ももう1回見直してみたいなと思う映画でした。今日は1日の日で久々に映画を見たので、その感想をシェアさせていただきました。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 相模大野 新宿

-YouTube, サーフィン
-,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.