YouTube

あっ、花粉症なおっちゃった!

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成29年3月30日の木曜日です。
当院で、黒ガリンガルとか高濃度ビタミンC点滴とか販売してますけれども、対象としてる方は、癌患者さんだとか認知機能が低下しそうな方にしてますが、基本的にそういったものというのは、人間の生命力全体をあげていく。
症状に対して、薬みたいにピンポイントで良くするものではないので、サプリメントを飲んだり点滴してる方と関わって拝見させていただくと、いろんな気づくことがあります。
そのひとつに、特に患者さんの中で例年花粉症で結構悩まれてるという方がいらっしゃるんですが、そういった花粉症、アレルギー反応がある方で高濃度ビタミンC点滴とか黒がりんで、体の調子が大分良くなってきたときに、今年気づいたことは、花粉症の症状が大分少ない人が多いな、そういうことを喜ばれる方が多いなということを気づきました。
明らかに手応えとしては、黒がりん飲んでで、あるいは高濃度ビタミンC点滴をしてて、ひとつの副産物ではあるんですが、そういった日頃辛い思いをされてる方が楽になってる感触はあるんですけれども、こういった現実を見るときにどういうふうなことを思うかというと、アレルギー反応って実は体の状態が落ちてるときに、敵か味方かっていうのが混同してしまって過剰に不必要に花粉に反応してしまって、花粉症という症状を出すんじゃないかなということを感じました。
なので、花粉症の症状と戦って、抗アレルギー剤を飲むっていうのも、花粉症に対しての対応になるんだと思うんですが、体の生命力を上げて元気になるということを根本的にしていけば、自ずと花粉症は実は良くなるんじゃないかなという仮説を、僕自身は気持ちの中で結構強く思っています。
もしそういった方がいたら、今後そういったこともお話していこうかなというふうに感じましたので、今回は高濃度ビタミンC点滴と黒ガリンガルを処方させていただいて、現場の感触として気づくことがありましたのでシェアさせていただきました。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 相模原 海老名 町田 新宿

-YouTube
-, ,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.