YouTube

現実のルールを理解せず苦しんでいることが多い。

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成28年2月13日の土曜日です。
よく患者さんとお話しさせていただいて、こちらがびっくりしてしまうということが時々あります。
目眩が強いのに「先生、今日の午後から仕事していいですよね?」とか、38℃熱があって体がとてもだるいのに「今日帰ってからバレーサークルというか運動のチームの練習に行っていいですかね?」とかいうことを聞くんですけれども、そういった方というのは、そういうことを継続していくと、もちろん客観的に見れば病気になっていくんですけれども、どういう思考回路になっているかというと、ご自身がやらなきゃいけないこととか、したいことっていうのが順序としては1位になって、当然自分の体はできるはずだ、体がついてくるように順序が2位になってしまっているという話を前させていただいたんですが、そこで抜け落ちちゃってるのは、やはり現実のルールをわかってないというか、現実を見てないというか、自分のしたいこととか、やりたいことしか頭にないので、例えばサッカーの試合をするにしても、サッカーを楽しむためにはまずはルールを知るということが大事で、ルールに則ってサッカーの試合ができるわけで、ルールがわからないとサッカーにならなくて、審判から笛を吹かれて下手すると退場っていう話になってしまいますので、まずは現実世界を生きていく上でルールがあるという前提が抜け落ちちゃってるということが、ときどき僕も含めてあるので、それは明文化されてないルールではありますけども、そのルールをしっかり見ていけば、この現実世界は楽しいのかなと思います。ルールに関していろんな方向性で見ることができると思いますので、それに関してまた明日お話しさせていただけたらなと思います。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 新宿

-YouTube
-

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.