YouTube 人生で向き合う物

自分が健康になり若返るために、弱みと向き合う勇気を持つ

更新日:

こんにちは、相武台の脳神経外科の加藤貴弘です。
今日は平成28年1月25日の月曜日です。
実は、当院ははっきりとした方向性を持つクリニックといて運営していきたいという気持ちが僕自身にあります。方向性というのは一つのメッセージを伝える。というのは何かというと、体の声を聞き続ける、そうすれば健康への道が開けるというメッセージを伝えていきたいなということは僕自身がいつも考えていて、その方向性を外れないようにしたいなということはいつも考えています。
方向性というのはとても抽象的というか具体性がない、なかなかつかみどころがない方向性なので、その方向性をある程度チーム一致、皆で(かい)そっていくために、職員一人一人が勤務し終わった後、僕自身のブログなどを読んで感想を書いて、それに対して僕が返していくということを一つのルーティンにして、すり合わせていくという作業を行っています。その中で、やはり職員の方々からとても貴重な意見をいただくということは多いのですが、そこで一つの言葉として、職員からの言葉なんですけども、「力を抜くと自分の弱みが出ます。力を入れていると弱みを隠せてしまいます。実は弱みこそ自分の成長ポイントだったりするので、そこを直視して自然に過ごせるようになりたいと思っています」という言葉をいただいたんですけども、本当に力を抜くということででてくる弱みというのは怖いかもしれないですが、やはりここを直視していくことは自分の可能性を広げていく上で凄く大切なことで、こういうことがなかなか言える人に僕自身があまり出会ってきてなかったので、こういうことを文章にして書いてきていただける職員の人がいるということは、自分の中でちょっと誇りに思うような回答でした。
僕自身を成長させていきたいのであれば、やはり自分の力を抜いて自分の弱みを出してその弱みと向き合っていくことが自分を広げていく第一歩なのかな。このことはとても怖いですが、そういった勇気づけてくれる職員もいますので、そういった方たちとチームを組んで、そういった弱みに向き合って自分自身、あるいはクリニック自身の弱みと向き合って成長していけたらなと思います。その弱みに怖がらずに向き合っていくということが、いつも自然な状態で当院を保っていくということになりますし、またそれと向き合っているということは、当院自体をイノベーションすることにつながっていくのかなと思いました。これはもの凄い勉強になるコメントを職員からいただいたのでお話させていただきました。
今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 相模大野 新宿

-YouTube, 人生で向き合う物
-,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.