YouTube 風邪

症状が長引くときの受け取り方

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成28年2月8日の月曜日です。
去年の年末から今年にかけて、僕自身風邪を引いてしまって、熱が出るほどじゃなかったんですが、体調が悪い時期が続いてました。
仕事が休みだったというせいもあって、少しダラダラ長引いてしまったんですけれども、そういうときに僕自身どういうふうに受け取るかというと、普段日常生活を送っていれば仕事に追われる形で、あれもしなきゃこれもしなきゃという形で日常生活を送ってて、気持ちが張ってくるということが、ひとつあるのかなと思います。
以前ビデオでお話させていただきましたけれども、人間の体というのは借金ができるというか無理ができるということが、いろんな病気を引き起こして末期的状況になる一番の怖い点。無理ができて、それを忘れてしまうという人間の特徴が怖い点だと思うんですが、そういった無理をしてて忘れてしまってるんじゃないかなという見直す時期というのは、そういった気が抜けたときの自分自身の症状だったり、軽い風邪を引いたときに治りにくかったりすると、今まで体に無理かけてきたんだなというような、見直すポイントになるんじゃないかなと思います。
もし口内炎や蕁麻疹や風邪などを引かれて治りにくいなと思ったときは、普段お身体が借金状態が増えてるのかなということで、体の経営を少し見直していけば、予想以上に日々のパフォーマンスが上がってくるのかなと思いました。
明日は、体の借金を見直すきっかけとして、心の部分でどういったときに、そういった借金を見直していけばいいのかというのを、僕が気づいたことをお話させていただきます。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 新宿

-YouTube, 風邪
-

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.