YouTube

頭の中には無駄な騒音が多く能力を押さえつけられていることを気づく

更新日:

こんにちは。相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成28年8月8日の月曜日です。
お盆で8月というのはちょっとすごく暑い時期ですけども、まあ祝日も多くてクリニックとしても休みがあって、ちょっと休み休みさせてはいただいているのですが、まあ日常業務としてはバタバタバタバタやっぱり(0:37)多い状況です。
まあいろんな本を読んだりするのですけども、昨日も自分の理想とするライフスタイルというのは一日一日自然と向き合っていくことができるようなシンプルな生活がいいなというふうなことを話してましたけども。
パソコンというのはだいぶ性能が良くなってきてますけど、やはりそのパソコンを例に例えてみると、例えばいろんなソフトが開いていたり、ワードとかエクセルとかファイルメーカーとかメールソフトとかいろんなソフトが開いていたり、ユーチューブが起動していたり、いろんなタスクがすごく多い状態が平行してやってると、やっぱりパソコンの処理速度というのは遅くなってきますし。
で、デスクトップにいろんなごじゃごじゃごじゃごじゃあると、なかなか仕事もはかどりにくいのですけども、やっぱりパソコンのパフォーマンスを上げていくということを考えると、今やってる仕事に集中していく、それ以外のソフトは立ち上げないということが大切かなとは思います。
で、ひるがえって僕自身の生活を考えてみると、読みかけの本がいっぱいあったり、自分自身の部屋の中にいらない本があったり、昔の不必要な思い出の品とか、やりかけの仕事とかあったりするんですけども、そういったものというのは、読みかけの本というのは将来的にはなかなか基本的には読まないですし、目に入ってくるだけでも一つちょっとやりかけの仕事というのは頭の中で気になってしまって、意識が集中できなくなってしまうので、徐々に徐々にシンプルな状態にしていって、思考をシンプルにしていきたいなというのは理想論ですけどもあります。
それで僕自身のささやかながらも抵抗ですが、一応一日に一つの場所は断捨離という感じで整理していくということを自分自身ではやってます。で、患者さんで診察室こられて見ていただきたいのですが、ごじゃごじゃごじゃごじゃいろいろあると思うのですが、徐々に徐々に机の上のものとかメモ帳とかが整理されていけばですね、この医者はだんだん成長してるんだなということを思っていただければなと思いますけども。徐々にその机の上の付箋とかそういったところも少し減ってきて、シンプルに患者さんと向き合えるような診察室の環境に、僕自身の状態ももっていければなということで日々進化できるように頑張っています。
今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 座間 相模原 海老名

-YouTube
-

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.