YouTube 問題への取り組み方

平凡に暮らしたと思えば思うほど、波乱万丈になってしまう

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。
今日は平成28年8月10日の水曜日です。
昨日、普通っていう、普通がいいです、普通ですかという言葉にふといろいろ考えさせられたという話をちょっとさしていただきましたけれども。あとよく言うのは、平凡な人生を送れたら、ささやかながらでも皆と同じ平凡な人生を送れたらいいなというようなことを考えている方って多いような気がしますし、僕自身もそう思ってきました。
でもまあ40年近く生きてきてると、周り見渡して皆さん平凡な人生したいなしたいなと思っているにもかかわらず、平凡な人生の方なんて周りに40歳以上の方であまりいないので、結構皆さんそれぞれ波乱万丈でいろんな事件が起こって、いろいろ悪戦苦闘していきながら生きてるというのが常だと思うのですけども。
いろいろ大変なことあると思うのですが、僕自身はいろいろ起こるということは、いろいろ事件が起こるということは自分自身の魂というか、自分自身を成長させてくれる出来事なのかなと思って。それでそういった事件というか、そういった自分にとっての出来事というのはありがたいなと思って問題に対して対応させていただくということが、自分自身を向上させていく上ですごく重要なのかなと思っています。
で、そのまあ、問題をどんどんどんどん大きくさしちゃって、そして自分自身にかなりつらい思いをさせてしまうのが、そういった問題から逃げることじゃないかなと思います。そしてその平凡な人生、何事もない人生がいいなと思って、本当の生き方から外れて、そういった皆と一緒、平均的な生活、平均的な考え方、平均的な生活をしていく中でだんだんだんだん自分自身とそういった毎日毎日とかがどんどん葛藤が生じてきて、ギャップが生じてきて、気づいた時には大きな問題になっている。
で、一番問題を大きくさせてしまうのは、平凡な人生を生きたいなとか、何事もない人生を生きたいなという考え方が一番怖い、一番苦労してる人が多いのじゃないかなと思います。やはりまあ本当の自分自身というのを感じて、どうやったら自分のライフスタイル、本当の自分のライフスタイルなのか。それは皆周りに迷惑をかけない程度で今までの常識にとらわれず、何かメンツとか体裁とかにこだわらないで自然体で生きてる人というのは、やっぱり目先の問題というのはもちろん周りとは違うので起きるにも関わらず、大きな問題というのは起きにくいのじゃないかなというふうに自分自身は思います。
それは本当に自分が生きたい生き方を体現してるからであって、体が望む方向性にやってるからであって、それこそが自分自身の僕自身が目指すライフスタイルかなというのは、昨日の話していて思いました。
今日は特に皆と一緒でいいやとか、何事もなく平穏無事な人生を生きたいなと思ってる人であればあるほど、実は大変な問題をかかえてしまったり、病気をかかえてしまったり、つらい思いをしてるんじゃないかなというような僕の考え方をお話させていただきました。
今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 新宿

-YouTube, 問題への取り組み方
-,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.