YouTube 問題への取り組み方 感覚の大切さ

誰もがあたたかい気持ちになれる場所

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。
今日は平成28年8月16日の火曜日です。
開業させていただいて以来、年に一回か二回は自分自身の実家があった香川県に寄らしていただいて、金比羅さんとお墓参りというのを行っています。今日も朝から行かせていただいたのですけれども、やっぱりお墓というのは昔はちょっと陰気で怖いイメージがあたのですが、自分自身がどういったつながりがあって今の自分があるのかなというのを一つ思い出す記念の石というか、思い出すきっかけになる場所だと思いますので。やっぱり自分があるというのは、ご先祖様から連綿とずっと続いてきて今の自分があるわけで、そういった中で自分はどういうふうに人生を送ればいいのかなというのが、時間感覚をもって自分の人生を捉えることができる機会になりますので。
お墓参りというのは、一つは大切な時間として年に二回は必ず僕自身は行くようにしています。目の前の問題がいろいろ起こった時に、その問題だけを見ていろいろあたふたするというわけではなくて、やっぱり過去何百年も前から続く自分自身のご先祖様のつながりをもってその問題に立ち向かった時に、問題に対しての捉え方というのはかなり違った捉え方になるのだと僕自身は考えていますので。そういった時間感覚というのを通常はあまり持てないような人間の状態だと思いますので、わざとそういったきっかけを作って自分自身に持つようにしむけているというのが実際のとこだし、結果として自分の精神状態やいろんな物事に対する姿勢というのも、好評価ではバランスがとれ、そのお墓参りした結果ではバランスがとれたらいい影響を生んでるのじゃないかなと判断してるので続けていきたいなというのはありますし。
人によっては近くの方が自分自身とつながりがある方が亡くなったばかりで、その方を惜しんだり、その方にあいさつに行くということがあったりするんですけども。いずれにしてもご先祖様とか自分が親しかった知り合いとかに対しての温かい気持ちというのがあって、その墓標の前に立つわけで。やはり昔は墓って怖いイメージだったのですが、なにかお墓という場所に行くと温かい気持ちにさせられるというのは、皆がそういう気持ちで行くからかもしれないなというふうに今日は感じました。
今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 新宿

-YouTube, 問題への取り組み方, 感覚の大切さ
-

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.