YouTube 黒ガリン

どんなに無力でも、その物(人)が本物なら、周りは畏敬せざるを得ない

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。
今日は平成28年9月20日の火曜日です。
18日の日にグランインターナショナルの佐藤恭男会長が来院されて、黒ガリンガルの食材のお話をしていただいたんですけども、何で佐藤会長がここまでこだわって値段を下げずに、しかも食材100%のままで売ろうとしたのか、という話を伺ったのですが。元々実際は佐藤会長はいけいけどんどんの商売人の方で、競争もあって、資産もたくさん持っていらっしゃる方だったんですが、東南アジアのほうでご自身の会社の畑を従業員としているうちに、従業員の方からいろんなうわさ話を聞いて、じゃあそれをちょっと見つけにいこうということで、いろいろ情報を集めようとしたんですけども、やはり数年は全然黒ガリンというちゃんとした情報にぶち当たらずに、でも根気強くやっていかれる中で、やっと山岳民族の中で大切に育てられていると。
で、実際佐藤会長はそういうふうに黒ガリンを目指していったのは、本当に貴重なものだったら一発大儲けできるわいと思っていかれたんだと思うのですけども、実際行ってみて原住民の方たちがどれほどその食材を大切にしているのか、千年間畑が荒らされないように村長以外は立ち入ることができないような形にして、千年間連綿と同じような製法で作ってきた。
そしてそれを実際飲むこと、食べることによってその貧困地帯の方たちが本当に長寿で健康で生きてらっしゃるということを目の当たりにして、原住民の方がどれほどそれを、まるで神様からの恵みのように大切にしてるのかという、本当の作っている方たちの心を知ることによって、これはちょっとそのあんまり安易にお金儲けで荒らして売れないなという気持ちが出てこられて、なのでしかも黒ガリンの実際のものを知るうちに黒ガリンの食材の人間に対しての効果ということがどんどんどんどん佐藤会長の中で分かってくるし、それを少し日本に持ってきて調べた時に、京大、近畿大学、同志社大学を中心に調べられてはいますけども、圧倒的にいろんな成分があるという、人間にとってすごく貴重な成分があるということが分かってきて、それでちょっとこれは安易に扱えないなということで。
最初は見つけようとした時は、金儲けのために黒ガリンを見つけようとされてた佐藤会長でしたけども、その黒ガリンの食材の本当のすごさということを知っていくうちに、やっぱり大切なものは大切に扱って大切に売っていかないといけないんだという思いにかられて、とても今回こだわりを持って販売していこうという気持ちが見受けられました。その黒ガリンのそういった悪戦苦闘して黒ガリンにぶち当たり販売に至った経緯というのはまたチャンネルSなどでお話させていただきますけども、その黒ガリンの食材がどのような成分を持っているのかに関してまた明日お話させていただきたいと思います。
今日は以上です。

相武台脳神経外科
黒ガリン 頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 新宿

-YouTube, 黒ガリン
-, ,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.