YouTube イメージすることの大切さ サーフィン

「良い未来だけを意識すれば、悪いことは起きない。」という考えの大きな盲点

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成29年6月16日の金曜日です。
世の中でよく、思いは実現するというか、イメージしたことは実現しやすいという話をよくいろんな本とかで聞きます。
なので、悪いイメージをすると悪い方向にいったり、いいイメージをするといい方向にいくということをよく言われます。
その中で、悪いことを考えると悪い方向にいっちゃうから、あまり普段の生活の中でも、悪いことを考えるまい、考えるまいとしていきましょうみたいな話があるんですけれども、そこで僕自身がひとつ盲点と考えてるのは、そういうことを考えている方って子供を教育するときも、ここはダメだから、これ危ないからあれするな、これするなとか、あまり子供を制限するのはよくないというふうなことを言われているんですが、確かに一面ではそういうところはあると思うんですが、明らかに命が関わる失敗をしてしまうと取り返しがつかないので、やっぱりそういったことに関しては子供にしっかり教えていく必要があると思いますし、普段の医療現場の中で僕らは失敗は許されない世界ですので、こういう失敗がありうるというのを多く想定するというのが、失敗は避けられない世界での必要な思考方法だと思いますけども、それを考えてるからといって失敗が起きるとは僕自身は思わないのですが、じゃあなんでそういうふうに本の中で言ってしまう人がいるのかというと、僕自身はひとつ盲点になってることがあるんじゃないかなと思います。
自転車の運転とかサーフィンの波乗りしてるときの意識とかを考えていくと、自転車に乗るとき、自転車はみなさん乗るので、イメージしやすいと思うんですけれども、まっすぐ前に行きたかったらしっかり前を向いて進行方向を見ていけば、その方向に進んでいくというふうに最初乗るときに教えられて、絶えず進行方向を見て意識するようにしています。
だけど、だんだんうまくなってきて、進行方向ばかり見てると、自転車の経験を積んでいく中で、やっぱり怪我する場面というのが出てきます。それはどういうところかというと、地面に小さい小石があったり段差があったりして、進行方向ばかり見ていて、そこを見てないと滑って転んで怪我しちゃったりすることがあるんですが、自転車で前に進んでいくという目的においても、やっぱり前だけ見ていきたい方向だけ見ていると事故る、怪我する、転んじゃうという現象は必ず起きます。
じゃあなんで今自転車乗ってるときに、怪我せずに前に進んでいくのかというと、人間というのは行きたい方向だけ見てるわけじゃなくて、絶えず周辺も見ている。視野の中で、ひとつの思考が抜けてると思うんですけども、ひとつは本当に理想的な状況だけ想定すればいいという方の思考の中で、ひとつの状況が抜けてると思うんですが、視野というのは僕自身は中心視野と周辺視野というのがあるわけで、自転車に乗るときも中心視野で行きたい方向は見ますけれども、周辺視野で絶えず危機察知をしている状況です。未来に舵取りしていく意識の中でも、自分の理想とすることをイメージして、意識づけして行きたい方向に行くのはいいんですが、それだけでいくと落とし穴に落ちちゃうことがあるので、意識の中でも周辺視野、周辺意識みたいなところで、こういう悪い自体が想定しうるとか、最悪なことはこういう自体が想定しうるというのを、絶えず想定しておけば、何か悪い状況が起きたときに、きたなというふうに軽くいなしながら、対応しながら中心視野、中心意識の行きたいイメージの方向にいけると思いますので、絶えず自分のいきたい方向に意識してるだけじゃなくて、やっぱり同時に最悪の事態とか、起きたらあまり自分に好ましくない事態というのは的確に想定して意識していくということは、いろんな自分自身の舵取りとか経営においてもそうなんですけれども、自分自身の成長に関しても、子供の教育に関しても、すごく大事なんじゃないかなと思いまして今日シェアさせていただきました。
本の中で、理想とする自分の未来だけを描いて、悪いことは全然考えない、考えればそっちに引き寄せられちゃうから、なるべく考えないようにした方がいいというような方は、本当に夢の中に生きてるような感じなので。今生きてるのは現実に生きてるわけですから、現実の中で事故らずにきちんと生きていくには、意識というのは中心意識と周辺意識というのはあって、中心意識でしっかり自分のいきたい方向をイメージするのはいいんですけど、周辺意識で悪い事態を想定することが重要だと僕は思っているので、ちょっとそこら辺のことを最近思ったので今日シェアさせていただきました。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛、めまい、耳鳴り、相模原、海老名、厚木、相模大野

-YouTube, イメージすることの大切さ, サーフィン
-,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.