YouTube

好機をどんどん呼び込む秘策。

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成29年7月14日の金曜日です。
自分自身が40歳という年齢になって、クリニックというのをまとめさせていただいて、30人近くの人に給料を出しているという立場になって、やっと気づいたことがあるんですけど、こういう立場から見てみると、別にうちのチームの人がどうこうというわけじゃないんですけれども、いろんな見方が変わってきて、僕自身ずっと生きてきた中でいろんなご恩を受けて、すごく恵まれて40年間こさせていただいたんですけれども、それにも関わらず、すごく多くの不義理というか恩を返せてない部分というのはたくさんあるんですが、いろんな方たちをこういう立場から見させていただいて初めて気づいたのは、やっぱり現状の恩に対してすごく恵まれてるなと実感してるという人は、すごく恩を受ける縁が輝いて、新しいチャンスがどんどん舞い込んでくるなというのをすごく感じます。
例えば何か勉強会をやろうかなといったときに、その勉強会の価値を感じてくれて、あまり受けられるものではないと感じてくれて、ありがたみを感じてくれるのを、やっぱりチャンスを与えてくれた人に態度で表に出すことが、ありがたいなっていう感じで出してくれる方であればあるほど、またじゃあ今度、今回の勉強会楽しかったんだ、じゃあ別の勉強会も紹介してみようかなという気持ちになるし、あの人にとってすごくいいチャンスだったんだなというのがわかると、また違った形でバックアップさせていただきたいなという気持ちになったりとかするというのがわかって、本当にこの立場になって初めてですけど、やっぱり今自分自身の恩に対してありがたいなと感じられてる人というのは、自分の今もってる縁というのがすごくいろいろ輝いてきて、今自分がもっている縁というのは自分自身の後ろ盾になって流れを作っていろんなチャンスに恵まれて、どんどんどんどんいい状況に向かっていくのかなというのをすごく感じました。
長年生きてくると、誰しも恩を返せてない人というのは必ずいると思うんですけれども、その人たちのことを申し訳ないなというふうに悔いるよりも、僕自身の言い訳ではありますけれども、今現時点で関わってる人とか状況に対してありがたいなという気持ちをもって、いただいた縁からの恩を育んでいくということを身近なところからやっていくだけで、自分自身の縁というのはすごく変わってきてチャンスがどんどん増えてくるんじゃないかなというふうなことを、恥ずかしながらこの立場になって初めて感じたので、チャンスがあまりこないなという人は、現時点でどれだけ自分自身が恵まれてるのかなというのを思い出して、そういった恩に対してまずありがとうという気持ちで育んでいくと、いろんなチャンスが巡ってくるのかなというのは感じます。
本当に身近なところからスタートしていくという部分では、自分自身の体というのも自分が動かしてるわけじゃなくて、例えば心臓が動いてくれてるから自分がただ生かされているというだけであって、心臓が止まっちゃえば自分は5分以上生きられないわけですから、今日目が覚めて息できて心臓も動いてくれてありがたいなっていうふうに、体に思うということをするだけで自分自身の体との向き合い方がガラリと変わってくるので、そういう恩をまずそこから育んでいくということが、僕自身も含めて全然物事の到来するチャンスの流れが変わってくるということを、この立場になって初めてわかったので、自分の中ではすごい発見だと思うんですけれども、自分が今受けてる恩に気がついて、今できる身近にあるものから、ありがとうという気持ちをもつだけで、縁が輝いてチャンスがどんどん到来してくるんじゃないかなという事実に気がついたので、今日はそれをシェアさせていただきました。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛、めまい、耳鳴り、町田、海老名、相模大野、小田急線

-YouTube
-,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.