YouTube お金の考え方 価値観 奴隷的思考チェックポイント

グリーン車は高い?奴隷的思考チェックポイント10「お金」

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成28年12月15日の木曜日です。
当院では、体の声を聞き続けましょう、そうすれば健康への道が開けますよっていうことの、結局は本来の体の状態を知って、それで生きれば健康的になれるんじゃないかなっていうふうに思ってますので、そういうふうな形で言ってるんですが、本来の自分自身で生きるっていうことは、周りに影響されて反応的に生きるんじゃなくて、お金がないから仕事をする、上司に怒られるから仕事の能力をあげるとか、ミスをしないようにするとかじゃなくて、自分の人生をより良いものにするために仕事をする。自分の能力をあげていくために、上司に怒られたことを、ああそうだったのか!と気づいて、色々対応していくっていうふうに、中心を自分自身に持っていくっていうことに結果的にはなってくるんだと思うんですけれども、昔の方の言葉でいえば、中村天風さんっていう方の積極的に生きるっていうことに、結果としては通じてくると僕自身思ってます。
ただ、僕自身もそうですけれども、どんなに積極的に生きようとしても、やっぱりどうしても反応的に生きて、何かのせいにして生きる方が楽ですから、そういうふうに奴隷的な思考になりがちなので、一応奴隷的な思考っていうふうなことをチェックポイントを今までいくつかあげさせていただきましたけれども、昨日は人間の欲に関しての話をさせていただきました。
欲の続きですが、チェックポイントとしては、お金に関しての考え方っていうのを、特に奴隷的思考になってないかどうかっていうのを、重要なんじゃないかなと思います。
例えば、社長さんとかビジネスマンが、移動でグリーン車を使うと。グリーン車を使うということが、高いか安いか。例えば、そのことだけを見れば、贅沢なんじゃないかというふうに思って、奴隷的な思考回路の人は、なんて贅沢なことをしてるんだというふうに思ってしまうんですが、例えばグリーン車を選択する方の中で、単純に見栄を張りたいとか、お金が有り余ってるからだけではなくて、グリーン車を乗ることによって、広い空間の中で集中して大阪東京間3時間執筆活動ができたとか、本を読むことができる。
指定席でいいんだと思うんですけれども、そこの中で自分の能力がだせるかどうかということに関して、指定席だとご自身にとっては、近くに人がいて集中力があがらないから、グリーン車に乗ると静かにリラックスして集中できて仕事をする。
その切符代よりも、集中して仕事をして得た自分の中での報酬なり、リワードっていうか成果の方が大きいのであれば、そこに投資していくということが、積極的な思考の考え方だと思います。
お金っていうのは、安いか高いかではなくて、そのお金を投資して自分に戻ってくる価値が大きいのであれば投資する。それが、積極的なお金の価値の考え方だと思いますし、お金の使い方を見ればその人が積極的に生きてるのかどうかっていうのがバレてしまう。
よくあるのは、わかりやすい例が、子供さんが例えばゲームセンターに行くんでお金ちょうだいって言ったときと、子供さんがどうしてもサッカーをやりたくて、サッカーのスパイクが欲しいからお金を貯めさせてくださいっていうのと、どっちに投資するか。
例えば、同じサッカーのスパイクであれば、2万弱のお金、ゲームセンターであれば何回かいって結局2万弱のお金になるにしろ、親としてどっちに投資するか。同じ値段であったとしても、頑張ってサッカーのスパイクを買ってあげることによって、もしかしたらその子のサッカーの能力が開花するかもしれないですし、あるいはその年代でしか得られない貴重な友達の経験だとかサッカーの経験が思い出が得られるわけで、同じ2万円のお金でも、ゲームセンターの子供さんの時間と、あるいはサッカーを通しての子供さんの時間を考えたときに、圧倒的にサッカーのスパイクを買うというのは、その人の価値観であったり、もちろんゲームを、この子はゲームの才能があって、将来的にはゲームを作るようなプログラマーになるからゲームセンターにいくような経験が、すごくこの子にとって貴重なものになるだろうということであれば、そういったゲームセンターでの2万円というのは、とても価値があるものであると思うし、他人が見て単純に金額だけで安いか高いか判断するのは、本当に奴隷的な考えになってしまってるので、積極的に意味を考えて価値観を取りにいくという考えでお金を使用していく。
日々患者さんを見させていただいて、タバコ吸われている方がいるんですけれども、タバコを吸うことが絶対駄目だというわけじゃないんですが、価値なんですけれども、20本吸われてる方というのは、大体今1箱のタバコ400円ぐらいするらしいです。
400円すると1月で12000円かかります。ビールも、350ccひとつが250円なりすると2本飲むと500円、それが一ヶ月で15000円ぐらいの投資価格になってくるんですけれども、タバコ吸われてる方に、例えばすごくいい体を安定化させて良くするようなサプリメントがあったり、あるいは月1万ちょっとの運動のスポーツジムの費用があったりしたときに、長期的に見てより良く、その人の人生を良くするのはどちらかというと、いいサプリメントに投資したり、いい食材に投資したり、スポーツジムに月12000円投資する方が、その人の人生にとっては、もしかしたらすごくいいものになるかもしれません。
ただ、やっぱりタバコへの費用は出せるけども、そういった薬だとかサプリメントとか、いい食材これがありますよってことになると高いっていうふうに思ってしまってるのは、自分が無意識にどっちに価値観を置いてるかという根拠になってくるんだと思うんですけれども、欲に振り回されて生きてるのか、それとも長期的に自分に対して何がメリットになって生きてるのかということで、そういった同じ値段のものを比較したときに、こっちは高いけれども、こっちはすんなり出せるというふうなことがあるときに、自分自身の価値観がチェックできるので、そういったところを見直してみるといいんじゃないかなというふうに今日は思ってシェアさせていただきました。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 相模大野 新宿

-YouTube, お金の考え方, 価値観, 奴隷的思考チェックポイント
-,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.