YouTube

うまくいく結果を生み出す判断(決断)をする体の部位を覚醒させる。

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成29年2月1日の水曜日です。
先日、毎月当院の診察室で僕と会うことに、ちょっとずつ違和感が蓄積していくという方は、どういうふうにお考えになったらいいのかなということをお伝えさせていただきましたけども、当院来られてる患者さんが、それぞれもちろん体の声を聞き続けるということをお伝えさせていただいてはいますけれども、それが、難しい理論で頭でわかってきていただいてる患者さんと、頭でわからなくてもリハビリ、ご自身でやるセルフケアとか、当院に来るということがなんとなく居心地がいいから毎回くるという方がいるんですが、当院に来るという行動を決めているのは、頭で考えられてる方にせよ、何となくにせよ、ベースとしては日本語の古い言葉でいえば、腹が決めてるというか、体が根本的なところで決断してきてる。
腹でものごとを決めるというふうに言いますけれども、女性は子宮で考えるとかって言いますが、人間の行動を最終的に決め続けるものというのは、その人の腹の部分なのかなというのは感じます。
その腹の部分がしっかり覚醒しているというか、目を覚ましてる人もいれば寝ちゃってる状態で腹が決めてる方もいるんですけれども、来続けていただいてる方というのは、何となく体の根本的な腹のところで当院に来るということは、来たいなというふうに思われて来られてるんだと。
そのことに関して、また明日お話しさせていただきたいと思います。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 相模大野 新宿

-YouTube
-

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.