YouTube 風邪

かぜを利用していままでの体のゴミを出す!

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。
今日は平成27年11月1日の日曜日です。
10月の終盤から11月に入って関東地方では急激に気温が下がってきて、木枯らしも吹いて冬っぽくなってきていますが、診察させていただいて、朝晩非常に冷えますので風邪気味の方が多いので、特に気をつけてください。扁桃腺炎とか肺炎とかでなければ、風邪というのはウィルスといって細菌性の感染症ではないので、通常は風邪は抗生剤は効きません。ゆっくり安静にして対症的に体を休めていくという方法しかないんですが、そういう時期に今までの疲れとか、体に溜まってきたものというのが出やすいですから、いろいろな症状きついと思うんですけども、今までの疲れが出てるなぁと思って、よくオナラみたいにいっぱい出してあげれば、今後の大きな病気というのは予防できるんじゃないかなと思います。そういった風邪の機会というのを利用していただけたらと思います。
風邪というのはウィルスなんですけども、乾燥しているとウィルスが浮遊しやすいので、冬の時期というのは乾燥しがちですから、少し加湿器とかで部屋の湿度を上げてあげると、ウィルスが地面に落ちて空気から、口から吸うウィルスの量が減りますから、特に加湿ということにも意識して、待合室でも加湿器を2台つけることで加湿対策というのを行っているんですけども、風邪を引かないように少し参考にしていただいて、また風邪を引かれたときの心構えもそういった気持ちで向かっていただけましたら幸いです。
失礼致します。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 新宿

-YouTube, 風邪
-

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.