YouTube

病因を治さなくても人間の病気は治るという事実。

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成27年12月7日の月曜日です。
診察室でいつも医療をさせていただいて、治療というふうな形で患者さんを治すということになってくるんだと思うんですが、本当の意味で患者さんのお身体を治していくというのは、僕自身はやはり患者さんご自身だと思うんです。
そのため、人の身体の病気を治していくということ、この意味というのをできれば僕自身だけじゃなくて患者さんもある程度シェアしていかないと、本当の意味で治るということに繋がっていかないと思うんですけれども、例えば故障した車を直すということと、人間の体を治すということ、明確な違いがあると僕自身は考えているんですが、何か思いつきことはありますでしょうか。
車の割れたフロントガラスを修理するということと、人間の身体を治していく、この明確な違いは、人間の身体というのは、あらゆる細胞全てひとつひとつが繋がってる、連絡し合ってるということが非常に大きなことになってくるのかなと思います。
例えば、車の修理というのは、フロントガラスが割れているのであれば、割れたフロントガラスを取り替えるということになると思いますが、人間の身体は繋がっていますので、極論を言ってしまえば、時間的な余裕があるかないかにもよりますけれども、フロントガラスそのものを直さなくても、人間の生命力というか元気さを上げていくことによって、フロントガラスが治ってしまうという事象も、考え得るわけです。
それは極端な話ですけれども、自動車では絶対そういうことはあり得ません。自動車の能力をどんどんどんどん上げていけば、フロントガラスが自然に治るということは生命体じゃない自動車ではあり得ません。そこが全く違ったことです。
もともと東洋医学とか民間医療などでは、そういった考え方というのがベースにあるんだと思うんですけれども、人間の生命力を上げていこうということ。ただ、やはり病に倒れている人とか怪我をしている人とかそういった方に、そんな悠長なことを言ってられませんから、生命力を上げるというのは時間がかかりますので、生命力を上げてるうちに病巣がどんどん広がって命をとられてしまうということはもちろんありますので、そのバランスが重要だとは思います。
怪我してるときに、血がドバドバ出てるのに、それを治さないで生命力を上げろと言われても、やはりそれは現実的ではありませんので、その局所的な治療と全体的な治療というのを考えていかなきゃいけないんですが、戦後いろんな部分で西洋医学をベースに医療現場でやってきたんですけれども、やはり自動車的な部品を取り替えるということに、かなり重点を置きすぎてるなということは非常に感じます。
昨日もお話しましたけれども、癌治療においては、ある程度時間的に差し迫っていて、急いで治療しなきゃいけないという部分もあるんですけれども、今まで癌そのものを、さっきのフロントガラスではないですけれども取り除く、やつける、潰していくということに終始した何十年ということになって、そのやり方に関してすごい高度な進歩を遂げてるんですけれども、そもそも根本的な癌に対しての捉え方ということに対して、そういう治療法じゃなくいけるんじゃないかということを考え出してきたのが、今そういった潰していくという癌治療が行き詰まっている中で、最近じわじわ少しずつ出てきています。
どういうことかというと、極論言ってしまえば、先ほどと同じように癌細胞があって、癌細胞に手をつけないまでも、人間の生命力を上げていけば癌は自然に減っていく考え方というのは、ひとつありなんじゃないかなと思います。
そういった中で、ビタミンC点滴は癌に効果あるんですか?というお話を受けますけれども、ビタミンC自体が生命活性というか、元気が落ちた身体を非常に上げていくという作用がありますので、点滴をすることによって元気が上がる、そうすることで病気に打ち勝つ身体ができてくるという、癌に対していい方向に向けているのかなというのは、来てる患者さんがすごく体感されてるので、非常に辛いお身体でも、うちに通っていただいてる理由があるのかなというふうなことは感じます。
なので、治療において非常に大きな意味づけの違いというのを考えていかなきゃいけないのかなというのは、やはり自動車の修理と人間の修理というのは全く違ってて、悪いとこがあるからそれをとればいいということじゃなくて、逆をいえば悪いところを治さなくても、人間の身体全体の生命力を上げていくことによって悪いところが治ってしまう現象が、やはりあり得るんだという見地に立ってみると、いろんな治療法が広がりますので、もちろん病気との追いかけっこになって、時間的な余裕があるかどうかになってきますけれども、根本的には人間の生命力を上げていくということ、健康を獲得していくということが、自然に病気を減らしていくということにも繋がっていくのかな、と。
今行き詰まっている癌治療に対してのブレイクスルーになるのかな、というのは僕自身感じてます。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 相模大野 新宿

-YouTube
-, ,

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.