YouTube 組織作りの考え方

期待を裏切る勇気を持つ。自分の人生を生きるために

更新日:

こんにちは、相武台脳神経外科の加藤貴弘です。今日は平成28年2月6日の土曜日です。
昨日組織作りの中で、一人一人の能力を組織の中でどんどん派生させていくにはどうしたらいいか、それはリーダーとなるような経営者が一人一人のバックグラウンドを信じて、仕事を任せるという形にしていくと、すごくエネルギーが発生するんじゃないかなというふうなことをお話させていただきました。
ともすると、こういうことを期待して、これしてあれしてこの順番でやってというふうに、細かく仕事を指示してしまいがちですけれども、やはり大きな目で見て、その人の考え方や今までの経験を信頼して仕事を任せるということが、経営者が想像する期待を裏切る形で違う結果を得ることができる。
だけど、違う結果というのは、今まで想像していなかった結果なので、非常に組織において成長ポイントになるんじゃないかなということを感じてました。
同様に、やはり自分の人生においても、いろんな人からいろんな期待があるんじゃないかなというふうに僕自身は思っています。
例えば、中学校、高校、お父さん、お母さんであれば、高校に行ってほしい、受験勉強してあの大学に行ってほしい、医者になってほしいというような期待があったりします。
芸能人の人であれば、どんどん新しいCDを出してほしいとか、いろんなツアーをやってほしいとか、ファンの期待があったりします。
スポーツ選手であれば、また優勝してほしいとか、いろんなゲームの戦いに勝ってほしいとか、いろんな期待があるんではないかなと思うんですが、確かにいろんな人と交わってると、やはりいろんな期待があります。
僕自身も、この歳で独身でいると早く結婚してほしいとか、結婚したら次の人生のステージに行ってどんどん人生が開けるとか、いろいろ期待してくれる人がいたりとかしますけれども、昨日の従業員の方の仕事のお話じゃないんですけれども、人それぞれ生きてきた経験やバックグラウンド、物の考え方や立場というのは違うので、その中で自分が選択して自分が生きる道というのが、やはり期待している方以上というか別の結果が生まれて、こういう人生もあるんだというような、期待してる方では想像できなかったような人生が生まれていくというのが、一人一人の人生なんじゃないかなと思うんですけれども、期待してる方の選択通りにいくということは、自分の人生を生きてるということにはなっていかないので、いろんな人との関わり合いがある中で、いろんな期待というのはあるんですけれども、少しずつ自分の選択でいろんな人生を歩んでいけたらな、人生のひとつひとつの選択を自分自身に主導権を取り戻すような努力を少しずつしていけたらいいのかなと思います。
結局、周りの期待通りの人生というのは自分の人生ではないので、そのことが自分自身の心を奴隷化してしまって気持ちを落としてしまって、すごい低いエネルギーの人生になってしまいますけれども、自分で選んだ人生というのは、自分で責任をもちますし、すごく生きてる感じがして、その結果から得られる意味づけというのも、すごくいい方向に捉えることができて、次のステップへいって誰かのせいにすることではなくて、次の結果へと繋げていくことによって、期待してる人が想像もできなかったような人生経験をすることができる。それが本当の一人一人の人生の生き方なのかなというふうに僕自身は感じます。
なので、芸能人とか特にスポーツ選手とかもそうだと思うんですが、いろんな人の期待というのがあって期待に答えようとすればするほど、自分の人生から選択は離れていって自分の人生ではなくなってくる、そうすることで気持ちのエネルギーが落ちてしまって、生きてく気力が落ちてしまって、どんどん腐っていくというようなパターンになってるという方がやはりいますので、どんなに一見その選択がちっぽけなものであったとしても、自分で選ぶということはすごくその人の人生にとって、そのステージにとって大切なことなのかなというふうに僕自身は感じて、自分で選んだ人生というのは、どんなに周りの方が社会全体が非難しようとも、自分で選んだということは、それが本当の自分自身の人生であって素晴らしい選択で、自分のエネルギーを高めていく選択の第一歩なのかなということを感じますので「頭が良くて東大とか医学部とか行けるから、医学部行っときなさい」と言われて、医者にもなりたくないのに医学部に行くというよりも、例えば自分で高校卒業して世界一周の旅に行きたいというのは、選択肢として自分のそういった気持ちがあるのであれば、その気持ちを選ぶということは、もしかしたら高校卒業した時点でその選択を選ぶことは、自分で選んだ人生ですのでとても素晴らしい人生の第一歩なのかなというふうな気はします。
なので、僕自身の自戒として、戒めとしてもそうですけれども、ひとつひとつ自分の人生を取り戻すために誰かの期待で生きるというよりも、どんなに一般的にはそっちの選択の方がちっぽけでしょぼいような選択だったとしても、ひとつひとつ自分の選択を選んで歩いていけたら、非常に気持ち的にも自分的にも、エネルギーの高い人生を歩んでいけるのかなというふうなことを思いました。今日は以上です。

相武台脳神経外科
頭痛 めまい 耳鳴り 厚木 海老名 町田 新宿

-YouTube, 組織作りの考え方
-

Copyright© 診察室 延長戦 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.